メインメニュー
サイトマップ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
アクセスカウンタ
今日 :
昨日 : 1010
今月 : 8686
総計 : 9410694106941069410694106
平均 : 3535
会員ブログRSS取得
パラマタの雑記長
軽トラ記者が行く2
BAMBOOROD PARANOIA (竹竿偏執病)
お知らせ
うな研管理人からのお知らせ

ご訪問いただきありがとうございます。

自然環境や行政規制が年々厳しくなる中ではございますが、この素晴らしいうなぎ釣りを後世へと伝えていきたいとの想いから活動は継続してまいります。



<うな研とは>
リアルな付き合いを前提としております。
うなぎ釣り大会で盛り上がり、オフ会で酒を酌み交わし、またうなぎを取り巻く環境について真剣に論議したりすることが主な活動です。

つまり”人と人とのコミュニケーションが主目的のサイトです”
ネットのみの交流サイトではありません。

このご時世ですので、うなぎ釣り師の底辺を広げる活動はしておりません。
うなぎ釣り情報収集目的の方にはまったく期待はずれのサイトです。


<こんな仲間を募集します>うな研趣旨に賛同していただける人

・掲示板に書き込むことが大好きな人
 ・仲間の和を大切にする人
・人の話に耳を傾ける謙虚な人
・場の空気が読める人
・元気な人

・うなぎ竿釣りが大好きな人
 
こんな人には仲間として是非加わっていただきたいと思います。

入会方法は2通りです。
①現正規会員から管理人へ推薦してもらう
②管理人(ぱらまた、ぶんや、施設長、うなぼうず)ブログにて入会希望連絡

いずれも本名、年齢、住所、電話番号などを明らかにした上で、近隣の管理人より人柄をご確認させていただきます。


一同お待ちしております。
入会金、会費は原則ありません。(オフ会参加費余剰金をドメイン/サーバー維持費の一部として回させていただいております)



平成26年2月19日改訂  鰻釣り研究所
 





うな研開設から3年半が経ち、U-1グランプリや団体戦、全国オフ会をはじめとする大小オフ会など、メンバーの親睦を深める様々な行事は年々充実してまいりました。
当サイトは、開設当初より「うな研は参加型コミュニティーです。 登録されましたら先ずは掲示板でのご挨拶をお願いします」と明記してきましたが、登録メンバー数は600余名を数えるにもかかわらず、実際に掲示板への投稿や各種行事へ参加しているメンバーは50名ほどで推移しております。

うな研は共通の趣味であるうなぎ釣りを通して、地域・年齢・職業の枠にとらわれないリアルな人間関係の構築を目的としており、非参加の方はこの主旨から外れていると判断せざるを得ず、協議の結果、まことに突然ではありますが、本日付で掲示板への投稿歴およびアカウント欄への居住地の明記が無い方の登録を削除することを決定いたしました。

このような突然のお知らせになったことをどうかご理解ください。
ただし、今回の決定は暫定的なものとし、今後は状況を見ながら新たな新規登録方式や制度を模索してまいりますので、登録ご希望の方はしばらくお待ちください。

平成24年8月11日 鰻釣り研究所



ご訪問いただき誠にありがとうございます。

この10年間、シラスウナギの漁獲量が減少傾向にあります。特に最近3年間の少なさは異常ですし、とりわけ今年の激減は、種の存続の危機ではないかと考え させられるほどです。このような事態をうけ、すでに昨年度からウナギの資源保護のため9月以降の成魚の捕獲を禁止した漁業組合や河川もあります。今後、都 府県レベルでも禁漁期間を設ける動きが進むはずです。

うな研として、こうした公的な資源保護の動きを注意深く見まもり、新たに定められ た規則を遵守していくのは当然ですが、資源保護に対してより積極的でありたいという思いから、有志メンバーで「うな研として今できることは何か」「趣味の ウナギ釣り師として意識すべきことは何なのか」を話し合いました。もちろんメンバー個々の考え方には多少の温度差がありましたが、生きものの命で遊ぶ釣り 師として、自らの意識を見つめなおす機会にもなりました。

発足以来、うな研が主催してきた全国ウナギ釣り大会には、型の部・数の部・総 合の部の3部門がありますが、今回の話し合いにより、当面の自主規制として「数の部の休止」と「エントリーサイズの引き上げ(50cm→60cm)」を決 めました。今後も、公的な規制の動きに注意しながら自主規制の形を柔軟に変えて行こうと考えています。

また、今回の話し合いでは「ウナ ギ釣り師として、大学などが行う研究に貢献できる道があれば協力したい」という意見も複数ありました。我々うな研メンバーは全国各地にいますし、夜な夜な 釣行を繰り返していますので、フィールドワークでは研究機関を上回る部分もあるはずです。この強みを活かすチャンスがあれば積極的に動きたいと考えていま す。


平成24年3月 鰻釣り研究所




うな研へようこそ!!

うな研へようこそ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ギガウナの皆さん、2018団体戦の優勝おめでとうございます~~~~~~~~~~~~!!!

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2018今年のホールショットは誰や?!

ぱらまた  4/14.19:30 84㎝

 ------------------------------------------------------------------------------------------------ 

2018今年のでっけえウナギは誰が釣った?!(す~さん杯)

 

※10位までをトップページに掲載します。

1位  ぱらまた  4/14.19:30 84㎝

2位 odai  8/28 団体戦 82cm

3位 うなぼうず 7/21 7月大会&団体戦 80cm

3位 ぱらまた  9/15 団体戦 80cm

 

                                         以上貴族

4位 おざ   9/14 団体戦 78cm

5位 うな新 7/22 7月大会&団体戦 76cm

5位 odai 8/25 団体戦 76㎝

6位 かんた  6/23  75cm

6位 ぶんや 8/2 75cm

6位 富士一番 8/5 団体戦 75cm

6位 ゆうさん 8/13 団体戦 75cm

6位 うな新 8/14 8月大会&団体戦 75cm

7位 かんた 9/8 団体戦 74cm

8位 とし  8/9 団体戦 73cm

9位 たぬき  6/16 72cm

9位 ひとみちゃん 9/8 団体戦 72cm

10位 うな新 4/21 71cm

 10位 ドルキュー 7/16 71cm 団体戦

 

------------------------------------------------- 以上人間、以下60台はカス --------------------------------------------

 ------------------------------------以下カスモドキ---------------------------------------------------

やっちゃん 7/22 消火器